【チラ裏】 レナード現象には理由がある

 川原泉様の新刊です。

 大学くらいから読み始め、今やファンと言っても過言ではないのですが。


 最近いろいろと芸風の変化が激しい川原様。

 今回のレナード~は、表紙からしてらしくない。
 なんかフツーの恋愛モノみたいな表紙。

 中を見てみたら、やっぱり川原節でしたが。

 微妙に間の抜けた雰囲気で流れる恋愛もの。
 彰英高校という、統一の舞台を設定して別々のカップルを描いていく、クロスオーバー的な手法もおなじみな感じ。

 内容としては
 ・レナード現象には理由がある
 ・ドングリにもほどがある
 ・あの子の背中に羽がある
 ・真面目な人には裏がある

 コレまでの作品と比べると、内容を薄めにしてあるような印象でした。


 以下箇条書き。
 ・画力は上がっている。
 ・しかし作風の変化があるからか、安定はしてない。
 ・コマ割がでかいような?
 ・ひそかに現代へのアンチテーゼが含まれているような気が。
 ・でも全体的にメッセージ色は薄め。
 ・とうとう川原様があっち側に…。モーリスを皮肉っていたのが懐かしい。
 ・そー言うわけで、男の描き方に変化があると思う。
 ・男の観点から「真面目な人には裏がある」は見てらんないw
 ・ちなみに一番好きなキャラは、亘理、か、なぁ。
 ・そういえば女性キャラよりも、男性キャラの方が、濃い。
 ・いちいち拘るのもあれだが、「真面目な~」のカップルは、ホント王道ダヨネ。なんでそんなこと知ってんの?<自分


 まぁなんだ。
 川原様の入門書として読むと色々誤解しそうだが、良い作品ではありました。
 というか「ブレーメンⅡ」に引き続き、変化を感じ取れるのがスゴイかなぁ。
 一応有名と言うかビッグネームだとは思うのだけど、いまだに進化というか、変化を止めない。
 絵が上手い下手とかいう次元ではなくて、作風が広がってる感じ。
 なぜか竹宮恵子を思い出してしまったわけだがw
 昔の少女漫画家って、恋愛モノに限らず、いろんなマンガ描いてたよね。

 とりとめないので止めよう。
 満喫とかで見かけたら見てみてください。
 もし川原作品を読もうと思ったら、コレより先に、
 「笑う大天使」を読んだほうがいいと思いますが…。
[PR]
by manikami | 2006-10-09 10:31
<< 個人連絡 ヤバイらしい >>